【ベトナムのリゾート地ニャチャンの海洋保護区でシュノーケリング体験はお勧め?】現地ツアーで安く楽しむ

気ままに観光🛫

シュノーケリングをしたいなら現地ツアーがおすすめ

KKday.などのオンラインでツアーを申し込むこともできますが、価格が高め。

また個人で行くのは、もっと高くなるよ、とホテルの方が言っていました。

参考までに価格を比較すると、、

・KK day. ¥4,800〜
・現地ツアー ¥3,400〜4,000

現地ツアーの方がお得です。少しでも安く行きたい方は現地ツアーがおすすめ。

ここで私の失敗談を伝えます。

1カ所目の代理店:550.000ドンでした。
2ヶ所目の代理店:650.000ドンだったので、「さっきのお店は550だった」と交渉したところ、代理店の方は、「それは安すぎる。その値段ではHON MUN島には行けないよ。ツアー内容が違うんだよ」と言われ、HON MUN島に行きたい私は、話を鵜呑みにして契約してしまいました。後日確認したところ同じツアー内容でした。騙されました、、、。みなさんも気をつけてください!!

ニャチャン市内で4つほどツアー代理会社を回りましが、2つの会社はシュノーケリングツアーを扱っていませんでした。シュノーケリングやダイビングを扱っていない会社も多いみたいです。

シュノーケリングツアーの内容

《実際のツアー内容》

3つの島でシュノーケリングをするツアーを申し込みました。

巡った3つの島はこの星マークのついたところです。

8:20
ホテルピックアップ&港で船に乗り換え

9:00
港出発

9:40-10:20
①HON TAM島シュノーケリング

11:00-12:00
②HON MUN島でシュノーケリング

12:00-12:30
船でランチ

12:30-13:30
③HON MOT島でシュノーケリング

14:20
ホテル着

《ツアーに含まれるもの》

ホテル送迎・ランチ・シュノーケリング用具(シュノーケルマスク)・飲料水(ウォーターサーバー)

ツアーの流れ

時間通りに担当の方がお迎えに来てくれました。
バスに乗ると全員韓国人です。
ベトナムを観光していると韓国人だらけなので驚きません。

Lặn Biển Xóm Chài という船乗り場に到着します。

私達だけ「ここで待ってて」と案内され、別の団体と合流し、船に乗り換えました。

一人ひとりライフジャケットを着用して出発です。

船が出発するとツアーの流れの説明を受けます。
もちろん英語。何となくしか分かりません。

追加料金で
・ダイビング・シーウォーキング・パラグライダー
・ウニのお粥?雑炊?

も楽しめるそうです。

私たちのグループはアクティビティを追加する方はいませんでした。

アクティビティ追加料金

パラセーリング・ジェットスキーは33ドル/1人〜できるみたいです。

1つ目の島HON TAM島に到着です。

シュノーケリングはライフジャケットを外しても、着用したままでもどちらでもOKです。

早速シュノーケリング開始!!

サンゴ礁が見られるといことでしたが、サンゴはなかったです。
ただ透明度は高く海はきれいでした。

魚があまりいないので岩場に近づこうとしたら、、

腕と足全体がチクチクしだしたので、15分足らずで一旦ボートに戻ります。

他の方も続々とボートに戻ってきました。

みんな手足を掻いています。

韓国人の方からライムがあったよ、と教えてもらい、ライムをひりひりする部位に塗ります。
気休めにしかなりません。

調べたところ

| チンクイとは? 

甲殻類(エビやカニ)の幼生です。小さなプランクトンの一種で海中を漂っています。

| チンクイに刺されると

かゆみ・痛み・発赤・腫れ・発疹がでます。

幸い、私たちは、これらの症状が出ましたが1時間も経たないうちに、症状が軽快し気にならなくなりました。また、チンクイがいたのはこの島のみでした。

チンクイに刺されてテンションが下がりますが仕方ありません。
痒いのでポリポリ掻きながら次の島に到着です。

ここは私が1番楽しみにしていた島「HON MUN島」。

ホンムン海洋保護区の震源地で、保護された海には、色とりのサンゴや海洋生物が生息しているんだとか、、

到着するとガイドの方が
・荷物は全て持っていく(おそらく船でランチの準備をするため)
・約1時間後にここに戻ってき来てね
・パラソルを借りるのは50.000ドン・ロッカーは20.000ドン

と言っていました。

ただパラソルやにロッカーは誰も借りておらず、みんな浜辺で荷物を置いてシュノーケリングを楽しんでいました。

結論から言うと

サンゴは死んでいます。またサンゴの数は少ないです。
ただお魚さんはたくさんいますので十分楽しめます!!

まず船を降りると、海は大混雑です。遊泳可能区域は決まっていて、その範囲に人がたくさんいます。

遊泳可能区域が少し狭いので仕方ありません。

ツアーガイドの方がパンくずの入った餌をすすめてくれましたが、私は購入せず。

海には餌を持っている人が多くいるので近くに行ったら魚がたくさんいます。

間近でたくさんの魚や群れを見られてとっても楽しめました。

集合時間になると私たちのガイドが叫んで戻ってくるように言われます。

3つ目の島に移動しながら船上でランチを頂きます。

ご飯はこんな感じ。

美味しいとは言えないご飯ですが、可もなく不可もなくと言った感じ。

えびは美味しかったです!!

追加購入でコーラやビール/20.000ドンで購入できます。

最後のシュノーケリングスポットに到着です。

それほど多くの魚はいませんせんが、ゆっくり海を楽しみます。

今までの海より水温が低く、少し寒いです。
ただチンクイの心配がなく、ゆっくり楽しめました。

旦那さんは船が近づいてきて焦ってしまい、ウニに足を刺されます、、

やっぱりマリンスポーツ用の靴の方が安心ですね!!

終わったらフルーツを頂きます。

ホテルでおろしてくれました。

ツアー終了です。

ツアーの注意点

長袖長ズボンのラッシュガードや水着・日焼け止め・貴重品は最小限

上記で述べたように、
時期によりますがチンクイに刺される可能性があるので、

長袖・長ズボンの水着やラッシュガードをお勧めします。

虫刺され対策にもなりますし日焼け対策にもなります。

日焼け止めをこまめに塗っていましたが、ビキニだった私は、後日背中の皮が剥けてしまいました。またサンダルの夫はウニに足を刺されてしまったのでマリン用シューズもあると安心。ただ踏んだりしなければ攻撃してくることはないです。裸足の方もたくさんいました。

シュノーケリング中は、貴重品を座席に置いていくことになるので、最小限の荷物にしましょう。

私は水が購入できるくらいのお金しか持って行きせんでした。

ちなみに、一切お金を使う事はなかったですが、少し持っておくと安心です。

追加のアクティビティやコーラ、ビールを購入したい方はたくさんお金を持っていく必要があります。

ツアーに参加してみての感想

正直に言うと3つの島までは行かなくて良かったなと思います。

追加のマリンスポーツを楽しむのであればいいと思いますが、シュノーケリングだけなら2つほどで良かったかと思います。

またサンゴを期待している方は残念な結果になるでしょう。

ダイビングが好きな私は、生きたサンゴを見られたことの方が少ないので、もともと期待はしていませんでした。

魚をたくさん見たい、せっかくだから海洋保護区の海を体験してみたい方にはお勧めです!!

4,000円の価値は十分にありました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました